病院のカラコンが無難

安全なカラコンは病院で

カラコンを正しく安全に使う

女性はアイメイクによってかなり印象が変わります。カラコンは手軽に目を大きく見せることができるため、10代から30代の女性に人気があります。最近ではインターネットや雑貨店など、処方箋がなくても簡単にカラコンを購入できる場所が増えており、誤った使い方によって視力の低下や炎症などのトラブルが生じることが報告されています。初めてコンタクトを使う方は、病院で処方箋をもらい、コンタクトに関する正しい知識と扱い方を知ってから使うようにすると安全です。また、目に異常が起きたときにも、すぐに病院に行って診察を受けてください。

安全なカラコンは病院で購入を

カラコンは目に装着するものですから、安全に使えるものを選ばなければなりません。最近は価格の安い商品が多く売られているため、学生さんなどに人気ですが、安さばかりに気を取られるのは危険です。酸素透過性の低いレンズを使っていると、目に必要な酸素が行き渡らず、さまざまな目のトラブルを引き起こしてしまいます。角膜が傷がついて起こる角膜浸潤、角膜の表面の小さな細胞が死んでしまう点状表層角膜症、角膜などの炎症によって黒目の部分が充血する毛様充血などです。これらは充血、涙目などの症状を引き起こし、病院での治療が必要となります。粗悪なカラコンを見分けることが難しい初心者は、通販などを利用するよりも、病院で購入することをおすすめします。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; カラコンの人気と安全性 All rights reserved